2011年04月25日

菅さんで、もう少し我慢すべきでしょうか ?


長い間、住宅業を 「生業 (なりわい) 」 としてきて、身についたことが2つあります。
1つは、政治的に不偏不党であること。
もう1つは、宗教に対してはどこまでも中立であること。

私が提唱してきたのは、耐震性と防火性が高く、省エネ性能が常にその時代のトップクラスの住宅。
その住宅に賛同して頂ける方なら、政治信条や信仰宗派は問いません。
民主党員であろうと、自民党ファンであろうと、赤旗の愛読者であろうと、誰もがお友達であり同志。
また、地鎮祭とか上棟式は、必ずしも神主さんによる祝詞やお祓いではなく、住職の導師による読経、唱題のこともあれば、牧師または神父による聖歌、お祈りの場合もありました。
地方では圧倒的に神式が多いと思いますが、東京や横浜などでは様々な様式を経験することが出来ます。
これは、非常に楽しみなことでした。

政治的な主義主張を持たず、信仰も持たないと言うことは、人間として核がなくなり、なんとなくだらしなくなってきます。
そのため、せめて経営面では一貫したポリシーを持たないと、自分を律してゆけません。
そこで、下村治氏に教わった 「常にイノベーションをやり続けること」 を、バカの1つ覚えで実行してきました。
つまり、いつまでたっても現状に満足しないこと。
「これで良い」 と考えると、人間は必ず守りに入り、保守的になります。
好奇心を失わず、次から次へと先を読み、手を打ってゆくというのは辛い時もありますが、経営者としては最大の醍醐味。
この味を覚えたら、病みつきになります。

イノベーションというのは、何も産業界だけに限ったものではありません。
政治の世界にも必要だと思います。
したがって、私は政治的にもどちらかというと革新派。
「自民党をぶっ潰す」 と叫んだ小泉氏の構造改革に、私も酔いました。
いろいろ批判はありますが、大量の不良資産を抱えて10年間余も停滞を続けていた日本経済。
その元凶の銀行に国家資金を投入し、これを立ち直らせ、日本経済を成長路線に向かわせ、国債の発行高を次第に減らしていった小泉・竹中構造改革は間違いなく革新であり、私は今でも素晴らしい行動力だったと評価しています。

しかし、小泉氏が潰したのは自民党ではなく、田中派だけ。
そして、森派を太らせました。
折から、中国をはじめとした新興諸国が安価な労働力を武器に量産化の面で力を付け始めてきて、今度はグローバル化という低賃金の荒波が日本を襲うようになりました。
今までの年功序列型の経費の高い日本経営が次第に立ち行かなくなり、大企業でも聖域のないリストラが始まりました。
高い人気を誇っていた小泉氏が、党則を変えで引き続き政権を担当しておれば、経済成長の成果をある程度実感出来たかもしれません。
しかし、党の任期にしたがって辞め、その後を継いだ安倍内閣は人心を掌握出来ず、福田、麻生と毎年変わるごとに景気も悪くなり閉塞感が高まり、リストラまでもが小泉・竹中構造改革のセイにする風潮が強くなってきました。
とくに麻生内閣は後退ばかり。
人々は自民党を見限り、民主党を選択しました。

しかし、鳩山・小沢民主党は、国民をマニフェストと言う名の甘言で釣っただけで、経済を成長させ、格差を是正してゆくという具体的な手法を何一つ持っていないことが、短期間に国民の目に明確に。
それだけではなく、国民は民主党を選んだのに、選ばなかった国民新党とか社民党の政策に民主党が引きずられるようになりました。
追われるように退陣した鳩山氏に変わって登壇した菅さんは、財務省のイエスマンに過ぎず、完全な経済音痴であることが判明しました。
そして、国民は菅民主党に対しても 「ノー」 と判定しました。
自民党に対しても 「ノー」 ですが、民主党に対してはより明確な 「ノー」。
この基調は、昨日の選挙結果を見ても明らか。

日本はこの数年間、毎年のように首相を変えてきました。
安倍、福田、麻生、鳩山、菅と。
したがって、津波と原発という非常事態の真最中に、菅さんを変えてはいけない。
最低限、復興計画が立案されるまでは、我慢をして菅さんを守ろうではないか。
ということで、菅さんに対しては一言意見を言いたいのだが、じっと我慢をしているというのが実態ではないでしょうか。
それなのに、具体的な対策も用意せずに小沢氏が率先して菅さん批判を始めている。
これには、国民は完全に鼻白んできている。
「貴方に、菅さんを非難する資格がありますか・・・」と。

それに今、菅さんを変えても変わりに選べるコマがない。
今さら小沢や鳩山がシャシャリ出てくるようだったら、まだ菅さんの方がよい。
国民的な人気が一番高かった前原氏は外国人からの僅少な政治献金で謹慎中。
とすると、民主党の首相候補として挙げられるのは岡田幹事長と仙石氏ぐらいしかいない。
海江田氏は、経産大臣として大きな責任を果たすチャンスだったのに指導力のなさを見せつけました。危なっかしくて見ておれない。
まさか、枝野氏や蓮舫さんを担ぎ出すわけにはゆかない。
そうかと言って、増税論者の自民党の谷垣総裁に託する気にはならない。
「一体、この先日本はどうなるのだろう」
ほとんどの国民が、暗澹たる気持ちをもって、じっと見守っているのが現実。

私もその一人。
地震対策なら、具体的に発言出来ます。
しかし、津波と原発に関しては、全くの門外漢。
私などの発言は、風評被害以外の何物でもないと自重してきました。
ところが、震災復興構想会議のメンバーと2回目の会議の報告書を読んで、腹の底から菅さんに失望を覚えてきています。
いや、絶望と言うべきかもしれません。

まずメンバー構成です。
宮城、福島、岩手の知事が入っているのは賛成。
しかし、マクロの経済が分かる人が一人もいない。
それと、民間の資金を東北エリアへ動員させることが肝心なのに、実務的な経営が分かる人が一人も選ばれていません。
議長の五百旗頭真(いおきび・まこと) 氏は政治学者。 議長代理の御厨貴氏も政治史が専門。同じ議長代理の安藤忠雄氏は、私は建築家として全然評価していません。
もっと素晴らしい建築を創造している人は一杯いますし、都市計画では安藤氏はプロではありません。
残りの専門家10人の経歴を当たってみましたが、日本の再建を任せるに足りると考えられる方が少ない。
役人は一人もはいっていない。
つまり、こんなメンバーしか選べなかったという菅さんに対しての失望感が、日に日に高まってきています。

それなら、どんな人がメンバーに加わっていた方が良いと思うのか ?  
と問われれば、私は信用している以下の名前を上げます。
この中の1人でも2人でも加わっていたら、この震災復興会議が、日本をデフレから脱却する真の復興会議になると期待出来るからです。

堺屋 太一
小宮山 宏
大前 研一
高橋 洋一
寺島 実郎
丹羽宇一郎
坂根 正弘
渡邊 美樹
江上  剛
日下 公人
竹中 平蔵
猪瀬 直樹
財部 誠一

ともかく日本の未来を、財務省のスポークスマンである菅さんに任せていることは最悪の選択。
第一次補正予算が通った時点で交代していただきたいと願うようになりました。

私は、悪質な風評被害をまき散らしているのかも知れません



posted by uno at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。