2012年03月15日

136年前にクラーク博士が開校した札幌農学校の建築群


あのW・S・クラーク博士が、北海道大学の前身である札幌農学校を開校したのは、今から136年前の明治9年 (1876年)。
広大な農場を拓き、近代的な大規模有畜農業の拠点を作った。

このクラーク構想は、マサチューセッツ農科大学の教え子W・P・ブルックス等に引き継がれた。
北海道開拓に適した作物や畜産の選定。 農機具や用具工具の選定と輸入。 さらには栽培や飼育、経営法の指導を行った。
こうして、北海道農法が確立した。
翌、明治10年には、W・ホイラー設計による模範家畜房。ブルックス設計による穀物庫を中心とした一連の畜産施設。
これが、「札幌農学校第二農場」 として135年前に完成。
これが、重要文化財として北大の広い敷地の最北部、北18条西8丁目に展示してある。

札幌と言うと、今まで時計台しかないと考えていたのは浅はか。
こんな素晴らしい建築物が遺されているとは知らなかった。

ただ、案内状には、これらの施設はバルーン・フレーミング(風船構造) であると書かれている。
しかし、私の印象では、プレースド・フレーミングではないかと考えた。
残念ながら、冬期は中に入ることが出来ない。
したがって、確証はできないが、雰囲気はブレースド・フレーミング。
こうなれば、若葉の頃に再度北大を訪問し、確かめなければならない。

P1050784.JPG

まず、入口にある看板。

P1050780.JPG

ボイラー設計の畜舎。
横のサイロは100年前に建てられたもので、道内では最古の緑飼貯蔵庫と言われている。

P1050777.JPG

P1050781.JPG

ちょっと目には4階建に見える大建築物。
しかし、内部は2階建てらしい。
1階が家畜舎で、2階が干し草置き場。干し草を吊り上げるクレーンが南北両面についているのだが、見えにくい。

P1050775.JPG

ブルックス設計の穀物庫など一連の建築物。

P1050773.JPG

P1050776.JPG

よく見えないが、外部の窓回りの造作もなかなか丁寧。
単独基礎にはネズミ返しがついている。

P1050772.JPG

P1050771.JPG

2つの棟を繋ぐ渡り廊下。
建物を正面から見ると、どうみてもバルーン・フレーミング。

P1050783.JPG

レンガ造もある。

この第二農場の外に、必見なのが北大総合博物館。
鉱石や動物のはく製など、なかなか楽しい。

P1050786.JPG

正門近くにある古河記念講堂も見学の価値あり。

P1050765.JPG

古い建物だけでなく、中には新しい遠友学舎などがある。

P1050789.JPG

正面入り口近くにあるウッドフレームによるガラスカーテンウォールのコーヒーショップ「エルムの森」で、長い散歩の息抜きを。


posted by uno at 07:37| Comment(0) | 木質構造と林業・加工業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。