2012年05月13日

省エネのメリットが単にカネだけなら太陽光へ走る ! (下)


私の不注意で、連休前にこのブログ欄への投稿が出来なくなり、暫時一方的に休ませていただきましたことに対して、お詫び申し上げます。

その間、このブログの (下) に当たる部分の内容は、ネットフォーラム欄の、「ちょっと長目のつぶやき」 として、10回に亘って掲載しました。
この「今週の本音」のブログ欄で書きたかったことは、10回のつぶやきに集約されています。
従いまして、(下) の記述は割愛させていただきます。

ともかく、7月からのメガソーラを含めた42円という買上価格によって、地場ビルダーは大変難しい選択を迫られています。
そして、残念ながら10回に亘るつぶやきでは、その具体的な解決方向を提示すことが出来ませんでした。
もうV地域やW地域においては、観念的なパッシブハウスの本家争いなどは、全くと言ってよいほど無意味になりつつあります。
i-smart のように、5〜8kWの太陽光発電を無料で搭載が可能なシステムで、しかもQ値が0.9W以上で、C値が0.5cu/u以上の高い性能を持ち、35〜40坪の住宅の坪単価が65〜70万円以内でないと、もう消費者は振り向いてくれません。
「パッシブハウスこそが最高」 と、いくらマスターベーションしていても、全くの独善。
一条の産業化という怒涛の前に、沈没あるのみ。

多くの地場ビルダーや大手ビルダーは、消費者が相見積もとらずに i-smart へ靡いているので、その恐怖を実感出来ないでいます。
私は、若干ですが何人かの消費者の方からメールを頂き、一年前から消費者が大きく変わり始めてきていることに気付かされてきています。
まさに、「ビルダーが気がつかない静かな革命」 が進行中。

地場ビルダーでさえ気が付いていない静かな革命ですから、資材や設備機器メーカーはほとんど気付いていません。
まず、その実態を知って頂きたい。
私のような個人的な情報だけでは信用出来ないでしょうから、専門紙誌のトップ記者に正確な情報の提供を求めて下さい。

そこから、スタートするしかないと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。