2012年06月30日

2012年上半期 読んで面白かった本のベスト10 (上)


恒例の独善的面白本のベスト10。
上半期に読んだ冊数は405冊。少し読み過ぎ。
さて、この中で一次審査をパスした本は123冊と多かった。
これは意識的に小説類を避けたので、面白い本の比率が向上したということ。
好ましい読書傾向と考えることにしょう。

中で一番多かったのは経済・経営・政治関係の32冊。
この一次審査を通った123冊の中で、前回からベスト10入りの候補作品には■印をつけることにした。この方が、10冊ではなく気に入った本が50冊あると分かり、参考にしていただける範囲が拡がる。
△印は、1年以上前に出版された著書。
経済・経営の32冊のうち■印が11冊で、△印が8冊。 今回はドラッカー関連を読み返したので△印が多かった。

次いで 一次審査をパスした数が28冊と多かったのが 環境・医療・農林水産・食品関係。
■印は11冊と多く、△印は5冊。

次に多かったのは、ノンフェクション旅行関連の25冊。
■印は11冊と多く、△印も11冊と多かった。これは、過去の面白そうな本を漁ったため。

次は科学・教育・技術の14冊。
全てが新刊書で、新しい科学や技術で教えられるものが多かった。■印も9冊と頑張っている。

小説は13冊が一次審査をパス。
ただし■印は3冊のみで、△印も2冊。 つまり、意識的に小説離れを行っているので、この小説欄はほとんど参考にならない。

住宅・建築は不作が続いているが、一次審査をパスしたのが11冊。
■印が5冊で、△印が2冊。


【環境・農業・食品・医療】 28冊
・エノキダイエット                    江口文陽 メディアファクトリー
・ホントに緑は猛暑を和らげるか            福岡義隆   成山堂書店
・頑張る人ほど老化する                竹内 薫   日経出版
■腸内革命                         藤田絃一朗  海竜社
・セラピードックの子守歌                真並恭介   講談社
・王者の食ノート                      島沢優子  小学館
・食卓に迫る危機                     八木信行  講談社
・バイオエネルギー大国ブラジルの挑戦      小泉達治   日経出版  
・移植病棟 24時間                   加藤友朗   集英社文庫
・これからの野菜の食べ方          ファーマーマーケット青年部  幻冬舎
■南相馬10日間の救命医療              太田圭祐   時事通信    
■もっと変な給食                      幕内秀夫  ブックマン
■再生 銚子市立病院                  橋口佐紀子  日労研
■味覚の学校              ブラート味覚教育センター・中野美秀  二見書房
■キノコの教え                       小川 眞  岩波新書
■サーファーに花粉症がいない            齊藤糧三   小学館
・エネルギーの不都合な真実           パーラフ・シュミル エクスナレッジ
■救命 東日本大震災、医師たちの奮闘      海堂 尊監修  新潮社
■いい病院への挑戦                  宗田理・宗田律  角川フォレス
■食と農のフロンティア                 関 満博   学芸出版
■ローマ法王に米を食べさせた男          高野誠鮮   講談社
■△木々の恵み                 フレッド・ハーゲネーダー  毎日新聞
■△タネが危ない                     野口 勲  日経出版
△頭痛、肩コリ、心のコリに美味しいんぼ     雁屋 哲   遊幻舎                       
△江戸グルメ誕生                    山田順子  講談社
△ふるさと野菜礼賛                   さとうち藍  家の光協会
△ロシアに学ぶ週末術                 豊田菜穂子  WAVE出版


【技術・科学・教育】  14冊
■科学ジャーナリズムの先駆者・評伝石原純   西尾成子   岩波書店
・静電気を科学する                   高橋雄造  電気大出版
■「化学」で何がわかるか               安井 至  化学工業日報 
■いちばんやさしい地球変動の歴史         巽 好幸  河出書房新社
■すごい実験                       多田 将 イーストプレス
・未来を生きるための教育              長岡昇・高橋章子  かもがわ出版
■平和のエネルギー トリウム原子力       亀井敬史   稚粒社
■新幹線とリニア 半世紀の挑戦          村串栄一   光文社
■日本の地震地図                    岡田義光  東京書籍
■科学嫌いが日本を亡ぼす              竹内 薫   新潮選書
・ヒューマン                        NHK取材班   角川書店
・私たちの「はやぶさ」                 JAXA・的川他  毎日新聞
■デジタル教科書のゆくえ                西田宗千佳  TAC出版
・再生可能エネルギーのキホン            本間豚也他  ソフトバンク


【経営・経済・政治】  32冊
・部品半減                         三木博幸   日経出版
・国家の崩壊                       佐藤 優  角川文庫
■サイゼリア革命                    山口芳生   柴田書店                
■体制維新――大阪都                橋下徹・堺屋太一   文春新書
■円高の正体                       安達誠司  光文社新書
■銀座の画廊巡り                    野呂洋子   新評論
・なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか     藤巻健史   幻冬舎
・憂鬱でなければ仕事じゃない            見城徹・藤田普   講談社
・恐慌に立ち向かった男 高橋是清         松本 崇    中公文庫
・「考える車」が世界を変える       ウィリアム・ミッチェル他  東洋経済
・不安家族                         大嶋寧子  日経出版
・東京電力 失敗の本質               橘川武郎    東洋経済
■税高くして民滅び、国亡ぶ             渡部昇一    WAC
・亡国の宰相                        読売新聞政治部  新潮社
■日本でいちばん大切にしたい会社 (1) (2) (3) 坂本光司    あさ出版
・スタバではグランテを買え !              吉本佳生  ちくま文庫
■財務省のマインドコントロール             江田憲司   幻冬舎
・日本を再興した起業家物語               加来耕三   日経出版
・北朝鮮のリアル                     チョ・ユニヨン  東洋経済
■学生のまちづくらーの奇蹟 一橋大生の記録   KF書籍化プロジェクト  学文社
・製造業が日本を滅ぼす                 野口悠紀男  ダイヤモンド
・ドラッカーはなぜマネジメントを発明したのか   ジャック・ビーティ  ダイヤモンド
■△イノベーションと企業家精神            P・F・ドラッカー  ダイヤモンド            
■△断絶の時代                      P・F・ドラッカー ダイヤモンド
■△日本の中枢の崩壊                   古賀茂明  講談社
■△アジアビジネス熱風録                 江上 剛  文芸春秋
■△この国を出よ                      大前研一・柳井正  小学館
■△企業参謀                         大前研一  講談社文庫
△ステープ・ジョブズ革命                  村山恵一   日経出版
△最初に飛び込むペンギンになれ !          日経情報ストラテジー編  日経BP


【小説】  13冊
■任侠病院                         今野 敏  実業之日本
・自炊息子                         佐藤剛史   現代書林
・共  鳴                          堂場瞬一   中央公論
・県立コガネムシ高校野球部             永田俊也   文春文庫
・GEQ 大地震                      柴田哲也   角川文庫
・花咲小路四丁目の聖人                小路幸也   ポプラ社
・ヒート                            堂場瞬一  実業之日本
・風をつかまえて                     高嶋哲夫   文芸文庫
・虚空の冠 (上)(下)                   楡 周平   新潮社
・企業の砦                          江波戸哲夫  講談社
■△我、弁明せず。                    江上 剛   PHP
△ダーディ―・ユー                    高嶋哲夫   NHK出版


【ノンフィクション・旅行】 25冊
■恥さらし 北海道警悪徳刑事の告白        稲葉圭昭    講談社
■ゴン太ごめんね、もう大丈夫だよ !         山路徹とチーム  光文社
・ケータイ犯罪からわが子を守る !         和田秀樹   潮出版                  
・あきらめない                       村井厚子   日経BP
・満点バイク                        山田美緒   木楽舎
・待ってました! 花形落語家             吉川 潮    新潮社
・紡  ナデシコジャパン21の物語         早草紀子  武田ランダムハウス
・炭坑に活きる 地の底の人生記録        山本作兵衛    講談社
・日本ボロ宿紀行                    上明戸聰   鉄人社
■南三陸日記                       三浦英之  朝日新聞出版
・極みのローカルグルメ旅               柏井 寿   光文社新書
・報道弾圧                         吉竹幸則  東京図書出版
・銀座画廊物語                      吉井長三   角川文庫
■渋沢栄一  算盤篇  論語篇           鹿島 茂    文芸春秋
■水惑星の旅                       椎名 誠   新潮選書
■△素顔のアジア                     三井昌志   ソフトバンク
■△オーケストラの職人たち              岩城宏之    文芸春秋
■△ブータンのしあわせ旅ノート            岸本葉子    角川文庫
■△インドで暮らす、働く、結婚する          杉本昭男   ダイヤモンド                     
△イタリア好き                       篠 利幸  ソニーマガジン
△イタリア 魅惑のビーチ                机 直人    東京書籍
△25人の達人                       柳生真吾   NHK出版
△生き方の流儀                      高任和夫   講談社文庫
△プロフェショナル仕事の流儀 リーダーは太陽たれ  茂木健一郎  NHK出版


【建築・住宅】 11冊
■この地名が危ない                   楠原佑介   幻冬舎新書
■菅があぶない                      玉真俊彦   ぎょうせい
■日本人はどう住まうべきか ?            隈研吾・養老孟司   日経BP
・日本のデザイン                     原 研哉   岩波4新書
・大地震に強い家づくり                 野崎 進    PHP
・日本の照明はまぶしすぎる             東海林弘靖   角川テーマ21
・建築の大転換                      伊東豊雄・中沢新一  筑摩書房
・不揃いの木を組む                   小川三夫    文春文庫
・仮設のトリセツ                     岩佐明彦   主婦の友
■△ふしぎの国のガウディ 建築図鑑       入江正之解説   エクスナレッジ
■△可笑しな家                       黒崎 敏   二見書房

posted by uno at 07:37| Comment(0) | 半年間の面白本ベスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。