2012年12月10日

世の中メガソーラーブーム。それにしても他の自然エネの影の薄さ!!


先にネットフォーラム欄で書いたように、PV Japan2012 が、さる12月5日から7日まで、幕張メッセで開催されました。
今年は、一口で言って、「メガソーラーのオンパレード」。

まず、目に着いたのは、今までの家庭用に比べてモジュールが一回り大きなものが展示されていて、圧倒的されたこと。
大型モジュール.JPG

そして、大型モジュール用のいろんな設置台が、あちこちに展示されていました。

パネル設置台.JPG

中には、太陽を追ってモジュールの角度と方向が変わるという、下の写真のようなミニチュアの展示もありました。

メガ設置ミニチュア.JPG

面白かったのは、設置台にはコンクリートで基礎を造るのではなく、径が20センチほどの長いネジ状の金属管を機械で回しながら打ち込んで基礎にしている動画。
これだと、20年ぐらいたって撤去する時に、コンクリート基礎の残材を処理する手間が省け、簡単に撤去出来る。
その強度がどれほどかは分からなかったが、なかなかのアイデア。

ネジ杭基礎.JPG

さらに、各種の設置金物の展示も多く見られました。

設置金具.JPG

しかし、不快感を覚えたのがJAの耕地を潰したメガソーラーの展示。
下の写真はその一つに過ぎないが、農業を促進すべき農協が、本来の食糧生産という責務を放棄して、メガソーラーに血道を上げている姿は、情けない。
農地は、農業に携わっている農業団体しか取得することが出来ない。
将来の食糧不足を見込んで、多くの企業や若者が農業へエントリーしょうと考えても、農地の取得の面からシャットアウトされている。
そして、農地を自由に手に入れることの出来るJAが、その特権をカサにきて、本来の使命を忘れて投機に浮かれている…。
こんなJAに、「TPP反対!!」 などと叫ぶ権利が、本当にあるのでしょうか!!
こんな農協幹部のご機嫌取りにうつつを抜かしている政治屋も、許せないという気がします。
農薬と肥料を農家に押し売りして、肝心の農家のことは忘れ、職員をはじめとした自分たちのことしか考えていないJA。
なんで農協が、こんな展示会にカネを出して出展しなければならないのか?
太陽光発電は、どこまでも構築物の屋根、壁などを活用すべきもの。 美しい大地を、一時的な欲望で汚すのは忍び難い。 
JAにやってほしいのは、一条工務店の向こうを張るような太陽光に特化したローン制度の新設。 つまり、消費者に変わって10年前後の買上価格で、設置費用を無料で用意してゆくというシステムの開発と普及。 
JAに対して違和感を覚えたのは、私だけだったのでしょうか…。

農地を潰すJA.JPG

メガソーラーブームの中で、住宅・建築用で、いくつか見るべきものもありました。
その一つが、瓦一体型で、しかも角度が急な屋根であっても、太陽の反射の眩しさをなくしたモジュールの開発。

瓦一体非反射.JPG

あるいは、今までよりも小型のモジュールの開発で、より広い面積を寄せ棟屋根であっても確保出来るように工夫した新しい試み。

小型パネル.JPG

極めつきは、ガラスの内部に太陽光モジュールを内蔵させた、「シースルー」 の登場。
残念ながら、このガラスのμ値やη値を聞き出すことが出来なかった。 したがって、日射取得や日射遮蔽との関係が、残念ながら分からず仕舞い。
どなたかが、急いで調べて教えて頂きたきもの。

ガラスパネル.JPG

シースルー.JPG

そして、このガラスは一社だけでなく、少なくとも二社で展示されており、しかもかなり大きなガラスが展示されていたので、住宅関係者にとっては追跡する価値があろう。

大型ガラス.JPG

これ以外では、モジュールの清掃機などの展示もあった。これが、どれほど効果があり、また作業性はどうかを聞いたが、満足な回答が得られなかった。

モジュール清掃.JPG

こうした太陽光以外に、風力やバイオマス、地熱、海洋発電に関する展示も若干あった。
中で、一番に関心があったのは海洋発電。
これに関しては、JETROとIHI、三井造などが展示していた。
海洋発電に関しては、大きく分けて (1) 潮流発電 (2) 波力発電 (3) 温度差発電などがあるらしい。

潮流.JPG

波力.JPG

まず、私が考えた黒潮による潮流発電。
この外に、波力発電として、機械式、ジャイロ式、空気タービン式がある。
このいずれが本命かは、現時点では確言出来ないらしい。

深水温度差.JPG

各種アイデア.JPG

一方、深海水を使った温度差発電も沖縄で実証試験中という。
そのほかにも、様々なアイデアが出されているが、いずれにしてもまだ実験段階にすぎない。
ロードマップによると、実用化されるのは2020年以降という。

ついでに、JETROによると、下の写真のようにバイオエタノールの商用化も2020年から。

バイオエタノール.JPG

代替エネルギーとして、現在際立っているのが税抜き40円のバブル価格がついている太陽光のメガソーラーだけ。
日本では北海道以外では、北欧圏のようなコンスタントな風力に期待を寄せることは出来ない。
地熱はこれからだし、海洋は10年先き。 
バイオや小型水力も、なかなかおいそれとは先行投資がなされていない。

幕張メッセを見て、多くの政党が言うように、10年先とか20年先に脱原発が達成出来ると言うのは、夢物語ではないかと感じさせられた。
















































posted by uno at 07:53| Comment(1) | 太陽光・太陽熱・風力ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JAのお話全く持っておっしゃるとおりです。農業のなかには畜産業があります。畜産は基本平屋で広大な屋根をもつ産業です。ここに低利率で太陽光発電費用を貸せば、5年でペイでき、後は畜産で必要な電気を賄う発電装置として使えます。これはJAこそ適任なのに、そういう話をとんと聞きません。金融なら銀行で十分、無理やり農家に伝票だけ通させて、手数料をとるような商売だけしてる。手数料の計算しかしないならJA などいりません。
Posted by at 2012年12月19日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。