2012年12月20日

小説としてはダメ。 だが上海住宅事情ルポとしては一読の価値。


六 六 著 「上海、かたつむりの家」 (プレジデント社 1900円+税)

かたつむり写真.JPG

日経新聞の書評欄にこの本が取り上げられていた。
単なる書評だったら、わざわざ買いに行こうとは考えなかった。
この本がテレビ化され、北京で放映され、大好評を博した。当然、首都でヒットしたテレビドラマは、中国全土のテレビ局に売られ、順次放映される。
このドラマが、上海東方衛生テレビが放送を開始したと思ったら、たった一週間で放映中止になった。
放送が中止になった理由の説明は、一切なし。
書評家は、このドラマがあまりにも中国の住宅事情や、官僚のワイロ行政の様子をリアルに書いているので、当局の手によって放映差止め措置が取られたのだろうと書いていた。

さて、こうなれば住宅に携わる人間として、なんとしてでも読まねばならない。
小説としての良し悪しは何にも書かれていなかった。
「当局から放映中止の命令が出されるほど、現代中国の住宅事情に深くメスが入った優れた作品に違いない。この小説は見逃せない」 と、おっちょこちょいの私は考え、紀伊国屋書店へ走った。

この小説の主人公は、大学を出て大都市の戸籍を持った幼い男の子ホワンホワンの母親・海萍とその夫の蘇淳。
それと海萍の妹の海藻。 その海藻を若い恋人から奪いとり、妾のように飼い慣らしている高級官僚の宋思明の4人。

海萍が住んでいるのは10u (3坪、6帖) という、それこそかたつむりの家。もちろん、台所、トイレが共同という 古ぼけた安アパート。家賃は月650元 (約8450円)。
この小さな安アパートを独身時代の海萍は借りていた。もちろん一時的なはずだった。
ところが蘇淳と結婚し、転職もし、出産もここでして 5年間も住みつくことになろうとは考えていなかった。
3年前、海萍が妊娠5ヶ月に入った時、夫婦は不動産購入計画を立て、上海市内の中古物件を見て回ったことがある。
海萍の年収は4.2万元 (約55万円)。夜中の2時まで勉強した大学出の年収がこの程度。
田舎へ行けば、広い家が安く手に入る。しかし、大卒の資格でやっと手に入れた大都市戸籍は50万元 (650万円) はする。 したがって、どんなに苦しくても二人はこの戸籍を失うことは絶対にしたくないと考えている。
夫の蘇淳は世界でもトップ500にランクインする船舶会社の技術屋で、年収は7万元 (約91万円)。 しかし、若い夫婦の手元には4万元 (約52万円) の貯金しかなかった。双方の実家から援助金を得たにしても、二人が買えるのは小さな中古物件しかなかった。しかも市内ではなく、上海郊外で…。

初めて見た家は90年代の初期に建てられた古くさい感じの設計。
台所、トイレ、2つの寝室のいずれもがドアはリビングに向かって開いている。つまり、リビングは廊下替わりで家具どころかパソコンも テレビも置く場所がない。もっとましな家を夢見ていた海萍は、こんな築10年の住宅が30万元 (約390万円) もすることに狂っているとしか考えられず、「買いません」と即座に断った。それが、3年後の今では3倍以上の100万元はしている。当時は住宅価格の狂乱時代がくることを海萍は予想出来ず、不労所得の権利を自ら放棄してしまった。
しかし、いくつかの物件を下見している間に、二人は経験を積んでいった。
そして、ある物件で4万元 (約52万円) を上乗せすることで権利を獲得した。
「ついに勝利のカードを得た。これで私も資産階級の一員になれた」 と海萍は嬉しくなった。
4000元 (5万2000円) の手付金を払った時、最初に見た家よりも狭いことが悔やまれた。しかし、海萍のお腹は気球のように大きくふくらんでいて、もう他を当たることは出来なかった。
しかし、まさかという事態が生じた。
手付金を払った3日後に、家主から、「申し訳ないけど、手付金は500元上乗せしてお返しするからキャンセルしてほしい」 という電話が入った。2万5000元上乗せする買い手が現れたのである。
海萍は電話で言った。
「いいですよ。あんなあばら家で、家主が信用できないということだと、こちらからお断りします。ほほほほ…。実は実家の親が生まれる子に別荘を買ってやれと、現金を送ってくれたのです。こちらからお断りしょうと思っていたところです…」

生まれたホワンホワンは、海萍の生活を混乱に陥れた。 望んだ子供だったが、ここまでお金がかかるとは思わなかった。赤ん坊の食費は大人の二人よりも多くかかった。輸入品の粉ミルクは1缶100元以上するし、紙オムツも100元以上。
預金通帳上に描かれていた家の青写真は、1u、1uと消えて無くなって行く。
しかも、産後の手伝いで実家の母親がきてくれていたので、狭い部屋は一層狭くなった。実家の母親と新しいママは幼児を抱いてベッドで寝る。夫は床に布団を敷いて寝る。赤ん坊は3時間ごとに泣きだす。
オムツの臭いと大人の汗の臭い。子供の泣き声と大人の怒声。
とても6帖の家の中にいるわけにはゆかない。
そして、赤ん坊が生まれて3ヶ月たったとき、海萍は家族に宣言した。
「仕事に戻ることにする。お金を稼いでこの狭い家から抜けださないと、生きてゆけない。 お母さん。ホワンホワンを家に連れて帰って、しばらく面倒をみてくれない?」

倹約、倹約、倹約…。
これが海萍の生活目標になった。
子供が去ったばかりの頃は、海萍は夜9時になると電話した。しかし、市外電話の請求書を見て、夫が「こんなに電話をかけていたら、直ぐ数uがなくなるよ」 といった。
変わりにビデオカメラを買い、母親にパソコンを買って送れば、と考えた。
「パソコンの回線代も高い。長く使うと都度1u。それよりもミルク代を送れば…」と夫に言われると海萍は涙すら出なくなった。

不動産価格は3段跳びで高くなってゆく。貯金通帳が増える速度に比べて、住宅の価格の上昇速度は速すぎる。永遠に追いつかないだけではなく、ますますその距離が大きく開いてゆく。
年に二回の実家訪問で、このままではホワンホワンは完全に自分から離れて行くということを海萍は実感した。
「何が何でも家を買うことを決めました。貴方は私の言う通りにしてくれればいいわ。 価格はだいたい80万元 (1040万円) 。頭金を20%として16万元。貯金と積立金は8万元しかないから、あと8万元を借りなければならない。貴方の任務は、親から4万元借りて下さい。 私は親から2万元と、妹の結婚資金から2万元を借ります」

蘇淳の親は、4万元を用意できる状態ではないことを蘇淳は知っていた。
そこで、蘇淳は取引先から仕事を受けて、アルバイトを始めた。そして、1万元単位で海萍にカネを渡した。 ところが、この行為が守秘義務を逸脱した行為だと公安局に逮捕され、蘇淳は牢屋へぶち込まれてしまった。再起が不可能なような事件が起きてしまった。
それだけではない。会社は損失金として2400万元 (3120万円) の請求訴訟を起こしていた。

一方、妹の海藻は、「姉のためなら死んでもよい」 と言うほどの覚悟を持っていた。
それは、海藻の命は海萍によって与えられたものだったから。
それは、中国が一人っ子政策を厳格に実行していた時代。 両親は避妊リンクを使っていたのだが、想定外の妊娠を親が知ったのは4ヶ月を過ぎてから。当然、堕すしかなかった。しかし、海萍が弟の誕生を強く望んだ。処置が手遅れとなり、父親の月収は2等級下がり、母親は昇級資格を5年間失った結果として生まれてきたのが男の子ではなく海藻。 両親は泣いた。
しかし、海萍だけは妹の誕生を喜び、可愛がって勉強を見てくれ、食事の面倒を見た上で、夜は添え寝をしてくれた。
このため、海藻は、「お姉ちゃんのためなら心臓をあげてもよい」 とまで考えていた。
その姉から、「結婚資金はどれだけ貯まっているの?」 と聞かれた時、「8000元」 と正直に答えた。
しかし、2万元が必要だと分かり、若い恋人といろんな葛藤と別れと再会の挙句に、結局は宋思明に身体を売ることになってしまった。
海萍の「家」に対する執念が、周りを不幸に陥れた。

ところが、これは小説。
結末は意外な展開を見せる。
しかし、正直言って、これは小説としては面白味が欠ける。
現代上海の一風俗として、あるいは世俗の一断面として、その住宅問題のルポは面白いけれども、正しくルポされているのは前半のほんの一部。私が紹介した範囲。
したがって、共産党の当局が、このドラマの放映を中止させたほどの内容は ほとんどないと言っても過言ではない。

「日経新聞がヨイショしていたほどの価値がなく、買って読むほどのものではないですよ」 と言うのが私の寸評。



posted by uno at 08:41| Comment(0) | 書評(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

電力の化石燃料比が88%にも…。記念シンポジウムで霞むEV車。


10月上旬に開催された中小企業総合展。小さなコマで920社も出展していた。
それに対して出展者数は711社と数では及ばないが、何しろ2倍の広い会場一杯に日本を代表するほとんどの企業が出展している 「エコプロダクツ2012」。
13〜15日の3日間で、約19万人近い人々の動員を予定している。 
日本で最大の環境展示会であることは間違いない。 
なかでも毎年 小中学生が集団で見学会に参加しており、どのコマも幼い好奇が溢れていて、文字通り芋を洗う状態。

会場1.JPG

会場2.JPG

しかし、ジャパン・ホームショー、PV Japan (再生可能エネルギーフェア) と続いたあとだけに、住宅関連では目新しい技術や展示物には出会うことは希少。
したがって、「使える新しい技術を探る場」 ということではなく、「日本の産業界全体の実態と、全体としてどの方向へ向かおうとしているかを知る場」 と割切って考えれば、必見となる。
中でも、私の最大の関心事はシンポジウム。
昨年は、「山は海の恋人」 の畠山重篤氏の記念講演に巡り会えて、味をしめた。
「海藻や魚を育てているのは、広葉樹がもたらしてくれるフルボ酸鉄だ」 という初めて聞く新しい学説にびっくりさせられた。
日本には2万1000もの川がある。 日本の山に広葉樹を植えて、日本列島のぐるり一周1kmの幅をノリシロのような汽水域としてコンブ類を植える。 そうすると、日本が放出するCO2のほとんどをコンブ類が固定してくれる!!  という説。 (2011年12月20日付、《海藻や魚を育てるのは鉄》を参照されたし。カテゴリ《シンポジウム・講演・展示会》から入るのが便利)

これに変わった今年のシンポジウムのテーマが、「環境を軸としたグローバル成長戦略」。
正しくは、「企業の成長戦略」 と書くべき。
経団連の副会長でコマツの坂根正弘会長が30分の基調報告をし、味の素の伊藤雅俊社長、ホンダの山本芳春社長、日鉱日石の西島弘也常務がそれぞれ45分ずつ講演するという内容。
会場は超満員。 そして、各社のトップが語る話は、たしかに参考になった。
しかし、私が紹介したいと思ったのは坂根会長の短い基調報告。 
ただし、入場するのが遅れ、空席が見当たらなかったので最後部での立ち聞き。 メモも満足に取れない状態だったので、発言のニュアンスがかなり違っている部分がある。 その点は、あらかじめお許しいただきたい。

エコプロシンポ.JPG

かつてテレビや新聞は、京都議定書をはじめとして気象変動を抑制するCO2削減については、非常に熱心であった。
ところがさる8日に閉幕した中近東・カタールのド―ハで開かれたCOP18に関しては、日本では報道らしい報道がなされていない。 CO2削減という基本的なテーマが、いつの間にか置き忘れられている。
そうした中にあって、多忙な坂根会長は ドーハへ飛んでいる。
そして世界各国から、先進国の義務として鳩山元首相が提案した25%削減公約の実現を、強く求められたという。
日本国は何百年に一度という大津波に遭遇し、原発が大きな被害を受けたことは世界の人々は熟知している。 
しかし、だからといってCO2削減という公約を免罪符にしてはくれない。
津波は津波、原発事故は事故。 津波や事故に対してはそれぞれの国が出来る範囲で支援をしてくれた。
原発事故があったから、CO2の削減を猶予してもらえると考えるのは日本人のとんでもない甘い考え。
とても許してくれそうにはないという。

たしかに2011.3.11以前は、電力に占める化石燃料比は62%だった。
それが、ほとんどの原発が稼働していない最近の日本の現状は、化石燃料比が88%へと大幅にアップし、世界で最も高い水準に。
このままでは、CO2を削減するどころか20〜30%の増になりかねない。
そのことを、世界が許してくれると考えている能天気な政治家が、なんと日本に多いことか!!
また、再生可能エネルギーが、いとも簡単に開発出来るかのように喧伝している無責任な政治家たち。
自然エネルギーというのは非常に密度の薄いエネルギー。 この比率を大きくしょうとするなら膨大な土地とか空間が必要になる。その大事なことを等閑視している。
原発を新設することは不可能だろう。 
だが、原価償却が済んだ安い原発、安全が確認出来たものは 今暫くは稼働させる。そして化石燃料の比率を減らし、CO2の削減を実現してゆかないと、日本は国際社会から完全に信用を失ってしまう。
脱原発で、88%も化石燃料に依存していることを、《最大の悪》 と考えねばならないということ。

原発に依存しているフランスや、水力に依存しているブラジルでは、電気自動車を採用することは即CO2削減に結びつく。
この場合は、非常に有効な選択。
しかし、電力の生産そのものが化石燃料に88%も依存しだした日本では、最近では電気自動車の方が、ハイブリッド車に比べてトータルでのCO2の排出が大きくなってきている。
EV車がCO2削減に貢献するからとの固定観念で、補助金を出すのは間違った政策。
ハイブリッド車の普及に努めるべき。 これが正しい選択。

セブン11のAV.JPG
写真は会場に展示されていた、今年の夏よりセブン&アイが、配達に採用したトヨタの超小型EV車。

当社で発売しているショベルや大型ダンプなどは、生産工場段階でのCO2の排出量は全体の10%程度のものにすぎない。
如何に作業現場でのCO2の排出を減らして行くかと言うことが大きな課題になってきている。
このため、製品そのものの省エネ化に最大限の努力を払っている。
その一方で、国内の需要はたったの15%に過ぎないのだが、国内生産高は55%にも及んでいる。
そしてこれからは、工場の海外移転を出来るだけ少なくし、国内での生産比率を高めてゆきたいと考えている。
一週間前の日経が取り上げていたように、今後の3年間にコマツは国内の工場の合理化投資に300〜500億円を投資して、生産性を30〜40%上げて行きたいと考えている。その高い生産性をもたらす工場の具体的なディテールとロードマップも完成している。
これが実現できれば、あえて外国へ工場を移す必要がなくなる。
この生産性向上運動は、徹底した現場の見える化とエネルギー分析によるムダのカットの積み重ね。

ところが、われわれがそこまでシャカリキになって頑張っているのに、化石燃料比が88%になっても脱原発の方が最優先だと言うことで電気代がやたら値上がりするようだと、私どもの努力は水泡に帰してしまう。 
工場という就労の場とチャンスが、国内から脱出せざるを得なくなる。
そのことを、為政者は深く考えて頂きたい。
円高対策と、電力料金の安定化こそが、国内に産業を根付かせるポイントであるということを、真剣に考えていただきたい。

私は、これからは環境技術が核になる時代だと思う。そして、日本には優れた環境技術がある。
こうした技術を逃避させないための円高対策と電気料金の安定化に、最善の努力が払われることを切望したい。


記念シンポジウムの坂根会長の講演内容の紹介は、これぐらいにしておく。
あとは会場で見つけた面白い技術がいくつかあったが、紙数の関係で代表的な2つだけを紹介したい。

東レの炭素繊維.JPG

一つは、あまりにも有名になった東レの軽量な炭素繊維で造られた自動車のボディ。このほかに、内部の構造体も展示されていた。

新日鉄の防波堤.JPG

もう一つは新日鉄の画期的な大型電車両用の車輪。
しかし、これはあまりにも特種すぎるので、下の鉄鋼の防波堤付きの階段状住宅地のミニチュアの方を選んだ。 遊び心に過ぎないが、ゼネコンの展示場にあったミニチュアよりも、何故か心に響くものがあったから…。










2012年12月10日

世の中メガソーラーブーム。それにしても他の自然エネの影の薄さ!!


先にネットフォーラム欄で書いたように、PV Japan2012 が、さる12月5日から7日まで、幕張メッセで開催されました。
今年は、一口で言って、「メガソーラーのオンパレード」。

まず、目に着いたのは、今までの家庭用に比べてモジュールが一回り大きなものが展示されていて、圧倒的されたこと。
大型モジュール.JPG

そして、大型モジュール用のいろんな設置台が、あちこちに展示されていました。

パネル設置台.JPG

中には、太陽を追ってモジュールの角度と方向が変わるという、下の写真のようなミニチュアの展示もありました。

メガ設置ミニチュア.JPG

面白かったのは、設置台にはコンクリートで基礎を造るのではなく、径が20センチほどの長いネジ状の金属管を機械で回しながら打ち込んで基礎にしている動画。
これだと、20年ぐらいたって撤去する時に、コンクリート基礎の残材を処理する手間が省け、簡単に撤去出来る。
その強度がどれほどかは分からなかったが、なかなかのアイデア。

ネジ杭基礎.JPG

さらに、各種の設置金物の展示も多く見られました。

設置金具.JPG

しかし、不快感を覚えたのがJAの耕地を潰したメガソーラーの展示。
下の写真はその一つに過ぎないが、農業を促進すべき農協が、本来の食糧生産という責務を放棄して、メガソーラーに血道を上げている姿は、情けない。
農地は、農業に携わっている農業団体しか取得することが出来ない。
将来の食糧不足を見込んで、多くの企業や若者が農業へエントリーしょうと考えても、農地の取得の面からシャットアウトされている。
そして、農地を自由に手に入れることの出来るJAが、その特権をカサにきて、本来の使命を忘れて投機に浮かれている…。
こんなJAに、「TPP反対!!」 などと叫ぶ権利が、本当にあるのでしょうか!!
こんな農協幹部のご機嫌取りにうつつを抜かしている政治屋も、許せないという気がします。
農薬と肥料を農家に押し売りして、肝心の農家のことは忘れ、職員をはじめとした自分たちのことしか考えていないJA。
なんで農協が、こんな展示会にカネを出して出展しなければならないのか?
太陽光発電は、どこまでも構築物の屋根、壁などを活用すべきもの。 美しい大地を、一時的な欲望で汚すのは忍び難い。 
JAにやってほしいのは、一条工務店の向こうを張るような太陽光に特化したローン制度の新設。 つまり、消費者に変わって10年前後の買上価格で、設置費用を無料で用意してゆくというシステムの開発と普及。 
JAに対して違和感を覚えたのは、私だけだったのでしょうか…。

農地を潰すJA.JPG

メガソーラーブームの中で、住宅・建築用で、いくつか見るべきものもありました。
その一つが、瓦一体型で、しかも角度が急な屋根であっても、太陽の反射の眩しさをなくしたモジュールの開発。

瓦一体非反射.JPG

あるいは、今までよりも小型のモジュールの開発で、より広い面積を寄せ棟屋根であっても確保出来るように工夫した新しい試み。

小型パネル.JPG

極めつきは、ガラスの内部に太陽光モジュールを内蔵させた、「シースルー」 の登場。
残念ながら、このガラスのμ値やη値を聞き出すことが出来なかった。 したがって、日射取得や日射遮蔽との関係が、残念ながら分からず仕舞い。
どなたかが、急いで調べて教えて頂きたきもの。

ガラスパネル.JPG

シースルー.JPG

そして、このガラスは一社だけでなく、少なくとも二社で展示されており、しかもかなり大きなガラスが展示されていたので、住宅関係者にとっては追跡する価値があろう。

大型ガラス.JPG

これ以外では、モジュールの清掃機などの展示もあった。これが、どれほど効果があり、また作業性はどうかを聞いたが、満足な回答が得られなかった。

モジュール清掃.JPG

こうした太陽光以外に、風力やバイオマス、地熱、海洋発電に関する展示も若干あった。
中で、一番に関心があったのは海洋発電。
これに関しては、JETROとIHI、三井造などが展示していた。
海洋発電に関しては、大きく分けて (1) 潮流発電 (2) 波力発電 (3) 温度差発電などがあるらしい。

潮流.JPG

波力.JPG

まず、私が考えた黒潮による潮流発電。
この外に、波力発電として、機械式、ジャイロ式、空気タービン式がある。
このいずれが本命かは、現時点では確言出来ないらしい。

深水温度差.JPG

各種アイデア.JPG

一方、深海水を使った温度差発電も沖縄で実証試験中という。
そのほかにも、様々なアイデアが出されているが、いずれにしてもまだ実験段階にすぎない。
ロードマップによると、実用化されるのは2020年以降という。

ついでに、JETROによると、下の写真のようにバイオエタノールの商用化も2020年から。

バイオエタノール.JPG

代替エネルギーとして、現在際立っているのが税抜き40円のバブル価格がついている太陽光のメガソーラーだけ。
日本では北海道以外では、北欧圏のようなコンスタントな風力に期待を寄せることは出来ない。
地熱はこれからだし、海洋は10年先き。 
バイオや小型水力も、なかなかおいそれとは先行投資がなされていない。

幕張メッセを見て、多くの政党が言うように、10年先とか20年先に脱原発が達成出来ると言うのは、夢物語ではないかと感じさせられた。
















































posted by uno at 07:53| Comment(1) | 太陽光・太陽熱・風力ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。